闇金にキャンセルしたのに押し貸しする手口と解決方法

闇金にキャンセルしたのに押し貸しする手口と解決方法

闇金の手口の一つである押し貸しに注意しよう!

 

ある日自分の銀行口座に覚えの無い入金があった場合は、闇金を疑いましょう。

 

押し貸しと呼ばれる手口かもしれません。

 

入金されたまま放置しておくと、借りた覚えがないのに業者から連絡が入り、とんでもない利子をつけて払わされます。

 

気の弱い方や闇金に詳しく無い方の場合、闇金と知らずに支払ってしまうケースがとても多いのが、押し貸しです。

 

押し貸しだと疑える入金や被害にあった方は、絶対に無視や放置をしないでください。

 

怪しいメールなどと違い押し貸しは口座情報が闇金に知られているので、住所や勤務先まで知られている可能性が高いです。

 

当然振り込まれたお金を使うのも危険で、使った事実が知られたら闇金は強い態度で来るでしょう。

押し貸し被害に合う人の特徴と予防策

押し貸しの被害に合う人には、以下の特徴が挙げられます。

 

★闇金と取引した事があり、その当時の銀行口座を継続して使っている
★闇金を疑って契約はしていないが、口座情報などを闇金に教えてしまった
★詐欺サイトで個人情報をもらしたことがある
★クラウドサービスやネットオークションで知らない相手に個人情報を教えた経験がある

 

闇金と取引や繋がりを持ったことが無い人でも、インターネット社会特有の手口を考えた闇金もいます。

 

特にインターネットオークションは借金とは無縁の方も被害に合い、闇金だと知らない方がほとんどです。

 

心当たりのある方は利用を止めたり口座を解約するなどの対策をとり、安全を確保しておきましょう。

 

心当たりが無いお金が振り込まれていた!どう対処したらいいの!?

銀行口座や電話番号が知られている場合、返済を催促する電話がかかってくる場合があります。

 

決してこの時に交渉しようとせず、弁護士や司法書士の知り合いと相談して解決すると言って、相手にしないでください。

 

当然闇金は伝えただけでは撤退しないので、必ず法律事務所や法務事務所へ相談しましょう。

 

最も良いのは押し貸しかもしれないと疑った時点で、すぐに弁護士や司法書士に相談することです。

 

闇金は相談していることを知らないので、最初から専門家に対応してもらえば被害を出さずに済むでしょう。

 

借金の経験が無い方は知らないうちに闇金に申込し、押し貸しを受けていることがあります。

 

インターネットの普及に伴って誰でも楽しめる時代だからこそ、警戒する必要性も高まっていると言えるでしょう。

 

 

関連ページ

闇金は完済後も貸し付けの勧誘電話してくるの?その時はどうすればいい?
必ず闇金からの連絡を受けないようにしてください。闇金の返済に使った銀行口座や使用している携帯番号を変更し、連絡が入ってこないようにしましょう。