闇金業者ってどうやってわかるの?正規の闇金業者との違いは?

闇金業者ってどうやってわかる?正規の闇金業者との違いは?

最近の闇金はダイレクトメールや電話などを使った勧誘が多いですが、電話連絡だけが手口ではありません。

 

★電柱などに張ってあるブラックOK!や審査無し融資可能!は闇金
★LINEやSNSのダイレクトメッセージを利用した融資勧誘は危険
★多額のお金を譲りますと記載されたメールの中には闇金が混ざっていることも

 

上記のような物は代表的ですが何かがおかしい、こんな上手い話はあるのか?と思ったら手を出さないでください。

 

気軽に連絡して脅されて闇金を紹介されるという手口もあるので、好奇心や遊び感覚で試さないようにしましょう。

 

闇金業者から融資を受けようと考える前に、法的機関や法律事務所に相談してください。

 

国は最低限の生活が整うまでのサポート態勢を整えているので、どれだけお金を借りたいと思っても闇金に手を出さないようにしたいですね。

 

 

 

闇金と正規業者を見分ける方法は?

映画やドラマの世界でだけ闇金を知っている人の場合、強面のお金を貸してくれる人が闇金という印象を持っていませんか?

 

本当の闇金は歩いている姿を見ただけではサラリーマンと変わりなく、見た目で見分けるのはとても難しいです。

 

最初の対応はとても優しく親身に相談にのってくれますが、フタをあければ暴利の貸付なのは変わりません。

 

闇金と正規業者を見分ける方法を見てみましょう。

 

★ブラックリストや多重債務者歓迎!という広告は闇金
★電話だけで即日融資!面倒な手続きは必要ありません!という場合も闇金
★審査無しで確実融資を保証!も闇金犯罪の可能性がとても高い

 

貸金業法を無視した条件で融資を行うとうたっている場合は闇金や犯罪なので、絶対に手を出さないようにしましょう。

 

貸金業登録番号の確認や日本貸金業協会会員かどうかで見分ける

貸金業を開業する時は国の認可を受ける必要があるので、貸金業登録番号が発行されていない業者は犯罪者です。

 

正規の貸金業者は公式ホームページに絶対に登録番号を掲載しているので、闇金の確認が出来る有効な手段と言えます。

 

日本貸金業協会の会員で無い場合も闇金の可能性が高く、記載が無い場合は闇金だと思って良いでしょう。

 

稀にデタラメな番号を掲載している闇金業者もいるので、聞いた事の無い業者は日本貸金業協会のホームページで調べるのも大切です。

 

お金の貸し借りは信用問題や犯罪に繋がるので、国の許可が必要になっています。

 

闇金は犯罪なので国の許可をもらうことは出来ないため、調べれば闇金か正規業者かの区別はすぐに付くでしょう。