闇金から借りていないのに取り立ての電話がかかってくるときの対処法

闇金から借りていないのに取り立ての電話がかかってくるときの対処法

 

お金を借りてないのに闇金業者から連絡が入ってくる、身に覚えがないのに一方的に請求されても困りますよね。

 

もしも知らない番号からかかってきた場合、完全に無視しましょう。

 

携帯電話の番号だからと、うかつに電話に出てしまうと闇金の可能性もありえるので、完全に放置したり無視したほうが良いです。

 

万が一電話に出てしまって請求をされたとしても、支払い義務は一切無いので、放置して関わらないようにしてください。

 

知られたのが電話番号だけなら無視で大丈夫ですが、もしも住所や会社を知られた場合、弁護士や司法書士に相談してください。

 

個人情報が闇金の手元にある場合、嫌がらせや一日に何度もかかってくる電話、色んな問題に悩まされてしまいます。

 

キャンセル料請求などどんな言い方をしてきたとしても、契約していない場合は、払う必要は一切ない事を覚えておきましょう。

 

闇金の犯罪の被害は、いつ自分に及ぶかわからないので、知識を身に着けて対処法と対策を知っておきましょう。

 

闇金と完全に縁を断ち切りたいならならウォーリア法務事務所に相談しましょう。

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリア法務事務所のHPへ

 

お金を借りた事がないのにキャンセル料が発生したケース

一時的にお金を借りようと、

 

ネットでキャッシングの申し込みをしたけれど実は闇金だった

 

このようなケースはよくあります。

 

闇金だから怖いし、まだ借りてないから断ろうと思っても、何故かキャンセル料という謎のお金を請求してきます。

 

払ったら終わりではなく、どれだけ支払っても妙な理由をつけて請求を続けてくるのです。

 

キャンセル料は存在せず、闇金に対してアナタが払う理由は一切ありませんので、間違っても支払わないでください。

 

闇金と契約を結んだ場合は別ですが、基本的に身に覚えのないやり取りであれば、支払い義務はありません。

 

裁判にするぞと脅してくる闇金もいますが、ほとんどの場合は闇金側に勝ち目は無いので、深く考えなくて大丈夫です。

知らない間に保証人にされているケース

闇金を利用した事もないのに、身に覚えがないのに連絡が入ってくる理由はほかにもあります。

 

例えば知人・友人がお金に困って闇金に手を出してしまい、保証人として名前を勝手に書いた

 

実際によくある話です。

 

仲の良い友人が困っているなら仕方がないと、つい肩代わりしてしまう心優しい方もいらっしゃいます。

 

しかし闇金業者はその優しさを利用し、お金を取れるだけ取ってしまい、被害を拡大させる事が狙いなのです。

 

身の覚えのない請求をされたときは闇金専門の司法書士に相談しましょう。

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリア法務事務所のHPへ